BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

23

2017-06

そうめんとクリスパタス菌KT-11と

出来事

バイオ事業部です。

 

7月なのか、8月なのかはさておき、そろそろ七夕です。

七夕も、桃、端午などと同じ五節句のひとつなので、そろそろ季節の変わり目ということでしょうか。

 

  

私は記憶にありませんが、

昨年の7月7日は各地猛暑日で、勝沼で38.8℃、東京でも36.7℃もあったようです。

 

今年ももうそんな夏の季節に差し掛かっているということで、

冷房などのお世話になる季節、体調の崩れには気を付けたいと思います。

 

節句といえば、菱餅、柏餅など節句料理がありますが、

七夕には素麺をたべるものなのだそうです。

 

私は暑い日に素麺を食べると元気が出ます!

 

 

 

今年の七夕は晴れるでしょうか。

 

素麺と一緒に、元気がでるクリスパタス菌KT-11もよろしくお願いします。

15

2017-06

お酒と数値と

出来事

バイオ事業部です。

ビールがおいしく感じる季節です。

ビール、お酒と言えば・・・、

 

 

尿酸値を連想してしまいます orz 。

 

そんな尿酸値に関係する研究報告が発表されていました。

 

(以下引用)

尿酸値が正常範囲内であっても 腎臓に悪影響の可能性!?

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2017/170601-2

(抜粋)

近年、高尿酸血症は痛風を引き起こすだけでなく、高血圧症、糖尿病、

動脈硬化症などの生活習慣病や腎機能障害と関連すると言われています。

また、低尿酸血症では急性腎不全が引き起こされることや、血管内皮障害を引き起こすことが知られています。

(中略)

これまで想定されていた血清尿酸値の範囲内(高尿酸血症7.0mg/dL以上、

低尿酸血症2.0mg/dL以下)ではなく、より狭い範囲内において尿酸値を正常に保つことが、

腎臓を保護するうえで非常に重要である

(以上引用終了)

 

3.5mg/dL~6.0mg/dLにコントロールしないといけないかもしれないとのことです・・・。

いずれ正常範囲の基準も変わるのでしょうか。

今後いろんな意味で注目の数値です。笑

 

 

尿酸は腎臓と小腸で排出されますが、

尿酸値管理に効果のありそうな食品って探しても意外と少ないですね。

 

腸といえば、クリスパタス菌KT-11をよろしくおねがいします。

26

2017-05

新しい味?

出来事

バイオ事業部です

今日は雨ですが新月みたいですね。

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2017/rekiyou173.html

新月は見えないだけで、空には月が出ています。

しかも、どうやら今年の最接近だそうです。

スーパームーンの新月バージョン?

見えないですがきっと大きな月がでているのだとおもいます。

   

今週は世間でたのしそうな研究成果がありました。

味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明

https://www.ims.ac.jp/news/2017/05/23_3705.html

研究内容はとても難しいですが、

この研究が実れば「新しい味の開発」ができるかもしれないとのことです!

 

 

どんな味でしょうね~

クリスパタス菌KT-11のことなら株式会社キティーへお問い合わせください。