BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

05

2020-08

8月5日は発酵の日

KT-11研究員による日々のぼやき

こんにちは。

KT-11研究員です。

最近、強い組織とはどんな組織なのか考えました。

つよい組織とは、不況や想定外の事象が起きた時に、迅速かつ正確に対応できる組織を示します。

組織を形成するのはヒト。

長く組織に属するヒトほど、自分の仕事やポジションを囲い込みガチになります。

チームメイトや部下には情報を制限したり、周りに引き継ぎをしないヒトは一定数存在します。

地位や報酬にしがみつく仲間がいると、生産性は失われ、会社は成長しないでしょう。

そう考えると、新人のときに必ず習う「ホウ・レン・ソウ(報告連絡相談)」は、意外と社会経験が長いヒトにとっても大事なのかもしれません。

さて、今日は何の日か御存じでしょうか。

長野県長野市に本社を置き、「日本のあたたかさを、未来へ。」をコーポレート・アイデンティティとする日本を代表する味噌を主体とする食品メーカーのマルコメ株式会社は、本日8月5日を発酵の日と制定しています。

日付は「はっ(8)こう(5)」(発酵)と読む語呂合わせから。

日本の古くからの食文化である味噌・醤油などの発酵させた食品の良さをさらに広めることが目的。子供達が夏休みのこの時期、家族で発酵食の魅力と、日本の食文化に触れるきっかけになればとの思いが込められているそうです。

ちなみに、記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されます。

ところで、クリスパタス菌KT-11は、もちろん発酵によって生まれた新素材です。

じつは、1Lという培地の中で収穫できるクリスパタス菌はわずか2gほど。

非常に希少な健康サポート素材なんです。

皆様の健康に寄与できるKT-11をよろしくお願いします。

29

2020-07

山中先生の情報発信

KT-11研究員による日々のぼやき

こんにちは。

KT-11研究員です。

ここ最近は、連日のようにCOVID-19ウイルスの感染者数の過去最多記録が各地で報道されています。

先の緊急事態宣言による経済の打撃を受けてか、再宣言についてはかなり慎重となっている政府です。

経済と感染対策の両方を上手に回すことの困難さを痛感する今日この頃です。

連日のようにマスコミでは、COVID-19に関する情報が発信されています。そんななか、あの研究者が情報サイトを立ち上げたのをご存知でしょうか。

ノーベル賞受賞者であり、京都大学iPS細胞研究所所長の山中先生です。

↓ホームページ

https://www.covid19-yamanaka.com/

山中先生は、感染症や公衆衛生の専門家ではありませんが、人類への脅威となった新型コロナウイルスに対し医学研究者として何かできないかと考え、情報発信を始めたそうです。

サイトでは、根拠や出典が明確な最新の情報に基づき、情報が整理されています。

そのなかで興味深い情報があったのでご紹介します。

証拠(エビデンス)の乏しい情報として以下の項目が挙げられるそうです。

①イブプロフェンは症状を悪化させる

②暖かくなると感染は終息する

③BCG接種をしている国は、新型コロナウイルスの感染者数や死亡者数が少ない  (傾向はみられますが、BCG接種が新型コロナウイルスの感染に影響するという科学的な証拠は今のところありません)

④新型コロナウイルスは人工的に作られた

どれも、マスコミや井戸端会議などで騒がれていた内容です。

①のイブプロフェンは頭痛薬として知られていますが、ひどい情報です。

マスコミによる情報を鵜呑みにせず、正しい情報を把握し、理解することが感染リスクを低め、健康な生活を送るきっかけかと思います。

25

2020-06

寄生虫は糖尿病を改善する??

KT-11研究員による日々のぼやき

こんにちは。

KT-11研究員です。

最近は、蒸し暑い日が続く中で、夜中は意外と涼しい・・

窓を開けっぱなしで寝ると、朝方寒くて起きてしまいます。

さて、今回は寄生虫がI型糖尿病の発症を抑制するという報告について。

理化学研究所生命医科学研究センター粘膜システム研究チームの下川周子客員研究員と大野博司チームリーダー、国立感染症研究所寄生動物部の久枝一部長らは、自己免疫疾患の1型糖尿病(Type 1 diabetes;T1D)発症の抑制に関わるCD8陽性制御性T細胞(CD8Treg)の誘導メカニズムを発見しました。

本研究成果は、現代病(花粉症や自己免疫疾患)が増加したのは感染症が減少したからだとする「衛生仮説」を科学的に証明するとともに、T1Dの新たな予防・治療法の開発につながると期待できます。T1Dは、インスリンを分泌する膵臓の細胞が自分の免疫細胞によって破壊され、高血糖が引き起こされる自己免疫疾患で、近年患者が増加しています。

今回、共同研究グループはマウスを用いて、腸管寄生線虫のHeligmosomoides polygyrus[が感染すると、T1Dの発症が抑制されることを見いだしました。そしてそのメカニズムとして、寄生虫がトレハロースという糖を分泌することでRuminococcus属の腸内細菌が増殖し、この菌によってCD8Tregが誘導されることにより、膵臓の細胞の破壊が食い止められ、T1Dの発症が抑えられることを明らかにしました。さらに、T1Dの患者では血液中のCD8Tregが減少しており、Ruminococcus属の腸内細菌が少ないことも明らかにしました。

以上、引用終わり

この報告は、「衛生仮説」を裏付けているのではないでしょうか。つまり、我々の生活環境が衛生的になりすぎてしまった結果、寄生虫が淘汰されてしまい、その結果 アレルギーや糖尿病が増加したことを裏付けています。

それよりも、個人的には寄生虫によって産生されるトレハロースの万能性に驚きます。トレハローズは、林原という企業によって実用化され、今では多くの食品に配合されるようになっています。トレハロースを含む食品を摂取することで、I型糖尿病の発症を抑制できるのかもしれませんね