BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

01

2021-05

通貨が刷新されます

出来事

こんにちは。

KT-11研究員です。

さて、2021年11月に500円玉のデザインが刷新されます。

大きな変更点は以下の通り。

1つはバイカラー・クラッドという技術が使われている点。

異なる種類の金属板をサンドイッチ状に挟み込んだ「クラッド」材と呼ばれる3層構造の円板を、別の金属から作ったドーナツ状の板にはめ込んで1枚の硬貨を造り上げる。完成品はバイカラー(2色)になる。

2つ目は現行の500円硬貨では縁に同一方向にギザギザが刻まれているが、この一部を異なる形状にする。

3つ目は裏面の端の部分に小さく「500YEN」「JAPAN」と刻印する。

バイカラーと聞くと、若干ゲーセンのコインを彷彿させますが、現行の500円玉は2代目なので、新500円玉は3代目となります。つい最近まで500円札があったような感じですが、500円玉のほうが利便性が高いように感じます。

さらに、2024年を目標に紙幣もリニューアルされます。

渋沢栄一を肖像に使った新1万円札や、津田梅子の新5千円札、北里柴三郎の新千円札が登場します。

渋沢栄一は現在放送中のNHKの大河ドラマの主人公であることは勿論ご存じでしょうが、北里柴三郎は細菌学者として知られ、公衆衛生の向上に努めた人物でも有名ですね。

新型コロナウイルスによる感染症が蔓延しているこの世の中だからこそ、北里先生の紙幣登場は意味のあることなのかもしれません。

27

2021-04

新型コロナウイルス変異株とは

出来事

こんにちは。

KT-11研究員です。

さて、今回は新型コロナウイルスの変異について。いま、国内を席巻しているのは、従来の新型コロナウイルスの変異株と言われています。

コロナ変異種、ウイルス突起分子に変化...感染速度は従来の1・7倍か ...

この変異株の特徴は、感染力が強いこと。

感染力が強いということは、ヒトの細胞が持つ受容体とウイルスの親和性が高いということになります。

一方、感染力が強いこと=ウイルスの毒性が強い、ということではないですね。

大阪大学の松浦善治教授が興味深い話をしています。

松浦善治教授に聞く(1)「新型コロナについて何がわかってきたか」 | RIMD'S(りむでぃーず)研究者たちの素顔 | 大阪大学微生物病研究所 RIMD 文部科学省共同利用・共同研究拠点 (osaka-u.ac.jp)

2003年のサーズや2012年のマーズがすぐになくなったのは、毒性が強かったからだそうです。

毒性が強いと、感染した人は重い症状が出て安静にし、あちこち動き回って他の人にうつすことがないから、早く終息するのですね。

しかし、今回の新型コロナウイルスは感染しても元気なままの人が多い。特に若い人は症状が出ずに動き回り、感染源になっています。無症状や軽症で済むならばたいしたウイルスではないのですが、お年寄りや基礎疾患のある方など感染者の約2割は重症化するため、対策が必要です。

以上、引用終了

現在、新型コロナウイルスの変異株は大阪を中心に急激に国内で広がっています。

つまり、感染力が強いが、毒性がそれほど高くないためと考えられます。

今後の動向が気になります。

19

2021-04

ビールが熱い

出来事

こんにちは。

KT-11研究員です。

今、ビールが熱いです。

まずは、これ。

アサヒのジョッキ缶

01.jpg

巷では品薄で購入できない状態が続いているらしいです。

特徴は、広い飲み口。缶詰のように缶の蓋を開けると、直ちに泡が立ち上がる。

きめの細かい泡立ちは、まるで生ビールのジョッキのように。

 どうやら、中身はアサヒのスーパードライと同じらしい。

じゃあ、何が違うのかというと、実は缶の構造。

缶の内側に目には見えない小さな凹凸が施されており、泡の発生を促しているとのこと。

開発に4年という期間がかかったようです。そうですよね。情熱と信念が無ければ挫折しそうです。。。

弊社も見習わなければ。

個人的にすごいと感じたところは、飲み口に鋭利さがないところ。

通常、缶詰のようにプルトップを立ち上げると切り口が鋭利になりがち。

しかし、ジョッキ缶は指先で触っても、全く鋭利さはなく切れる心配も無し。

切り口が鋭利にならないように工夫がされているみたいですね。

缶のふたや口の端を丸めて切れないように工夫したダブルセーフティー構造。取ったふたは缶の中に入れて廃棄するよう、缶に印刷して促し、環境面にも配慮

ものすごいイノベーションが詰まったビール開発。

見習いたいですね。

次いで、同じくアサヒの0.5%アルコール飲料。

アサヒビールは、生活スタイルの多様化に伴い、お酒の新たな飲み方を提案。今年の3月にアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料の新商品を発売しました。その名もビアリー

度数1%未満を「微アルコール」と定義し、商品を投入していく。2025年までに度数3.5%以下の商品構成比を、19年の3倍強となる20%に引き上げるようです。

強気ですね。

アルコール0.5%は、法律上はお酒ではなく、清涼飲料水になります。

なので、ビールとノンアルコールビールの中間層を狙ったビールテイスト飲料となります。

お酒に弱い方は、酔いたくてもビールが強すぎるといった意見が多かったようです。

ノンアルコールビールが発売されたころは、現在のような0%アルコール飲料ではなく、微量のアルコールが含まれていました。

したがって、今回のビアリーは当時のノンアルコールビールの改良版といったところでしょうか。

しかし、この手の微アルコール飲料が売れてしまうと、酒税の対象となってしまい、値上がりしたり、取り締まりの対象となりかねないと懸念しています。

今後、どんなビール関連飲料が登場するか、たのしみですね。