BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

23

2020-09

下着か皮膚か

出来事

こんにちは。

KT-11研究員です。

前回のブログがバグってうまく表示されてない・・・

なぜでしょうか・・。

さて、本日は日刊工業新聞に掲載されていた興味深い記事の紹介。

パンツといえばグンゼ、グンゼといえばパンツ。個人的には、そんな印象をもつグンゼ株式会社ですが、連結での売り上げは1400憶円もある大企業です。

そんなグンゼ社が、人工皮膚で米国の現地法人と独占契約を締結し、米国への本格参入を始めたとのことです。

人工皮膚 創傷被覆材であるペルナックは、豚由来コラーゲンスポンジとシリコーンフィルムの2重構造であり、皮膚欠損部分に貼るとスポンジ内に患者自身の線維芽細胞と毛細血管が入り込んで新たな真皮層を形成するというもの。

この人工皮膚ペルナックをもってアメリカ市場に参入するらしい。

グンゼ社によると人工皮膚の市場規模は日本の10倍にあたる100憶円程度を見込んでいるとのこと。

実は、国内の6割以上の大学病院では採用されている商品のようです。

グンゼ社は、人々のQOL向上に貢献できるビジネスへの注力を掲げており、メイン領域を医療・健康分野と見定めて、機能ソリューション事業で成長拡大してきたメディカル材料分野とライフクリエイト事業のスポーツクラブ分野の成長拡大を目指しています。

下着・アパレルの企業という認識でしたが、この数十年で着実に成長しており、非常に興味深い領域で事業を行っている企業であることに気づきました。

皮膚科学でいうと、当社の開発した化粧品素材「KT-11 HKN」は、皮膚に塗布すると細胞の増殖を促し、再生を高めます。

現在、歯磨き粉に配合されるなど様々な用途に使用されています。

ちなみに、HKN=肌(H)がき(K)れいにな(N)る