BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

12

2020-07

乳酸菌の名前

乳酸菌KT-11の効果

こんにちは。

KT-11研究員です。

さて、今回は乳酸菌の名前についてです。

当社の乳酸菌であるクリスパタス菌KT-11は、正式名称は「ラクトバチルス クリスパタス KT-11」になります。

実は、この正式名称について、「ラクトバチルス」は「属」、「クリスパタス」は「種」、「KT-11」の部分は「株」に分けられます。

一般的に、細菌の生物学的な分類は「属」>「種」>「株」の順で定義づけされます。当然ながら、「属」が異なる細菌同士では遺伝子学的に遠い種類の菌となり、逆に「属」が同じであれば近しい菌であることが分かります。

現在では、35属、300種以上の乳酸菌が存在しているそうです。

しかし、乳酸菌の世界では、数年に一度、これまでに報告の無い全く新しい乳酸菌が報告されることがあります。

その場合、一般的には同一の「属」でありながら、これまでに報告がない「種」の乳酸菌であることを示します。

まさに、新種の乳酸菌と呼ばれます。

ちなみに、2013~14年の2年間で、ラクトバチルス属である新種の乳酸菌は29菌種発見されたそうです。

2003年には、北里大学の研究グループが、産卵鶏の消化管から分離した新種の乳酸菌を「ラクトバチルス キタサトニス」と名付けて話題となりました。

まるで、星の名前の付け方みたいですね。

万が一、当社が新種の乳酸菌を発見したら、どんな名前を付けるのでしょうか。。

楽しみです。