BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

22

2019-11

今日の22時半着の飛行機で戻ってきました。

家にたどり着いたのは、日をまたいだ金曜日。

日本は台湾と比べて寒いですが、11月も下旬を迎えようとしているのに、あまり寒さを感じません。

今回の台湾出張で学んだこと。

商品の価値をどう伝えるか。人との価格のギャップを商品の価値を通じて、どう埋めていくか。

日本国内でもいつも課題となりますが、海外になるとその差は更に広がり、その埋める価値や良さをどう分かり易く伝えて、使ってみたいと思ってもらうのか。

営業としてはとても重要で大切な事ですが、なれてしまうととても大事な事が抜け置いて入る事に気がつかなくなってしまいます。

今回の出張で錆び付いた営業手法に磨きをかけてきましたが、商品をいかにシンプルにわかりやすく、そしてその価値をストレートに伝えるかを再度、考えさせてくれた出張でした。

台湾での「梅ソフト」の認知度は、まだまだですが、SNSや地道な営業含めて短期間で誰でも知っている商品にしていく事に目標を置き、引き続き台湾市場に売り込んでいきます。

さて、昨日は台湾の焼肉屋「乾杯」で美味しいお肉を頂きました。

台北駅の2階にあるお店です。

IMG_5037[1].JPGIMG_5038[1].JPG

まずは、熟成厚切り牛タン、焼肉の盛り合わせ、そしてイベリコ豚のロース

こちらの牛肉は、オーストラリアの和牛との事。

IMG_5039[1].JPGIMG_5044[1].JPGIMG_5041[1].JPG

なかなか美味しいお肉です。

乾杯名物のグラム売りのリブロース。(いきなりステーキの焼肉バージョン)

IMG_5040[1].JPGIMG_5043[1].JPGIMG_5046[1].JPGIMG_5047[1].JPG

なかなかのボリュームです。

そして店員さんが焼いてくれます。

IMG_5048[1].JPG

焼き網を占領するほどの大きさです。

こういったサービスとシチュエーションも焼肉屋でもありだと思いました。

店内はにぎやかでとても元気のあるお店でした。

ちょっと価格は高めですが、それを感じさせない商品の価値とサービスをうまくお客様に伝えているからこそです。