BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

18

2020-05

お肉をやわらかくする方法

お肉をやわらかくする調味料、添加物を研究開発して20年以上。

いろいろなところからヒントを見つけて、開発を続けています。

お肉をやわらかくするには、いろいろな方法があり例えば、お肉を叩く。包丁や筋きり機(専門用語でジャガードと言います。)で肉の繊維を切ってやわらかくする。

4E27C526-67C4-4D8F-9F5B-F43BC95F410B.png

でもこの方法だと、少ない量であれば人海戦術で可能ですが、人手不足の今般ではなかなか難しい。

そこで登場するのが、酵素や塩麹などの調味料などを使ってお肉をやわらかくしていきます。

やわらかくする商品は、世の中いろいろな物がありますので今後、今後少しずつご紹介していきます。

昔は、肉は噛めば噛むほど美味しいという時代から食べた瞬間、発する言葉は『やわらかい』その次に『美味しい』とやわらかいと美味しいがセットになった時代から、お肉はとりあえずやわらかくするのが普通になりました。

また、健康志向からサラダチキンのようにモモ肉からムネ肉の注目が浴びた時、パサパサなムネ肉をジューシーに食べられるようにと、いろいろな方法がレシピなどで紹介されています。

こんな世の中の流れで、当社も日夜、お肉をやわらかくする調味料を開発しています。

当社は梅酢を使ったり、酵素を使ったりといろいろな商品を持っています。

次回は、商品毎に作られたきっかけなどをご紹介いたします。

私の家の近所に吉野家がオープン。

その吉野家は、牛丼と唐揚げの二本柱の新しい業態のお店です。

せっかくなので、牛丼に唐揚げを乗せて頂きました。

から牛。

C3845AD4-F89E-44BF-A76F-3515F8103179.jpeg

とてもシンプルな普通の味付けで万人受けする唐揚げです。

大きな唐揚げで食べ応えはあります。持ち帰りなのでやや冷めた状態で頂きました。もう少しジューシーさがあったら良いかも。

から揚げは、シンプルだけに差別化も難しい商品です。

そんな唐揚げにも当社の商品は強みを発揮。是非一手間に使ってみてください。