RECIPE

レシピ

お肉・魚介をやわらかくおいしくする製品を使った、おいしいレシピ集をご紹介いたします。
ヴィネッタ以外の商品(粉末梅ソフト、梅ソフト、やわらか職人、ミートアッパーなど)でも、
ヴィネッタと同様の使い方でおいしく仕上がります。

はなやかちらし寿司・お雛様風

彩りも良く、洋風の食材を取り入れたボリューム感のある、華やかなちらし寿司です。牛肉には粉末梅ソフトを使用し、寿司ネタは全て時間が経過してもおいしくいただけるようなレシピになっており、お雛祭りなどパーティーやお土産にもぴったりです。

このレシピで使用しているのは・・


材料

粉末梅ソフト4%溶液 30g程度(牛肉がひたひたに浸る量)
ご飯 米3合分
昆布 3cm角
牛肉(1cm厚) 1枚(120g)
サラダ油 少々
干ししいたけ 4枚
いくら 100g
煮切り酒 50cc
煮穴子(市販品) 1尾
ブラックタイガー 4尾
うずら卵(水煮) 8個
ハム 4枚(60g)
スモークサーモン 60g
でんぶ 60g
きゅうり 1本
プチトマト 8個
きぬさや 8枚

調味料A

米酢 90cc
砂糖 40g
大さじ1弱

調味料B

砂糖 大さじ1
大さじ2
みりん 大さじ1
醤油 40cc

作り方

  • 牛肉と粉末梅ソフト4%希釈溶液(対肉25%量(30g))をビニール袋に入れて口を結び、冷蔵庫で2時間浸漬。ザルで水を切る。
  • 調味料Aをボールに入れてよく混ぜ溶かし、合わせ酢をつくる。昆布を入れてしばらく置いておく。
  • 干ししいたけは水で戻しておく。鍋に戻し汁と調味料Bを入れ、しいたけを煮含める。汁がなくなる手前まで煮て薄切りにする。煮汁は取っておく。
  • 飯台に炊きたてのごはんを移し、しゃもじでざっくりとご飯の山をくずしながら、すぐに2.の半量をまわしかける。全体がなじんだらうちわであおいで熱を取りながら(ご飯に艶が出る)残りの2.をかける。しゃもじでまんべんなく酢がいきわたるようにご飯粒をつぶさないよう、酢を完全に吸うまで、切るように混ぜる。
  • いくらは煮きり酒(日本酒を一度沸騰させて冷やしたもの)につけておく。
  • 牛肉はフライパンに油を少量入れて火が通るまで焼き、2cm角に切る。3.のしいたけの煮汁を適宜、かけて味をなじませる。
  • 煮穴子はテフロンのフライパンに並べ(油は不要)両面を軽く焼いて2cmに切り分ける。
  • ブラックタイガーは腸を抜き、殻ごと塩ゆでにする。殻を剥いて縦半分に(半分の厚みに)切る。
  • うずら卵(水煮)は半分に切る。ハムは1cm角に切る。スモークサーモンは適当な大きさに切っておく。(少量の油であえると乾燥防止になる)
  • きゅうりはじゃばらに切り1cm幅に切り分ける。海水程度の塩水につける。盛りつけの前に水を切り、軽く水気をしぼる。プチトマト、さっと塩ゆでしたきぬさやは適当な大きさに切っておく。
  • 皿に寿司飯を平らに盛り、でんぶをまんべんなくかけてから彩りやバランスを見ながら具を盛りつける。(いくら、きぬさやは最後に散らす)