やわらか職人

細かいスジまでやわらかくしたい方へ!

お肉の細かいスジもやわらかく。
素材の風味を高めて焼き縮みもおさえる、こだわりのやわらかさを実現します。

製品特長

肉の中の細かなスジまでやわらかくします

じっくり煮込んだ肉の美味しさを「やわらか職人」は実現します!

  • 「やわらか職人」4%溶液に、カットした牛モモ肉を3時間浸漬した。
    「やわらか職人」溶液は肉の重量に対して半量使用した。
  • 浸漬後、水切りをした。
  • コンベクションオーブンで250℃5分間加熱した。

肉の臭みを減らして、旨みアップ!

「やわらか職人」は肉の臭みを低減します。さらに素材の旨み(アミノ酸量)をアップし、素材本来のおいしさを引き出します。

  • 「やわらか職人」4%溶液に、カットした牛モモ肉を一晩浸漬した。
    「やわらか職人」溶液は肉の重量に対して同量使用した。
  • 浸漬後、水切りをした。
  • 表面を焼いたのち、30分間煮た。

評価方法

各試料に記号をふり、無処理を基準値(4)として、7段階尺度の評価法を実施した。
1(とても好ましくない)~4(普通)~7(とても好ましい)

遊離アミノ酸の測定方法

アミノ酸分析システム(日本分光製)にて測定した。


肉の歩留まりが向上します!

焼き縮みを抑えて、ジューシーな肉になります。

  • 「やわらか職人」4%溶液に、カットした牛モモ肉を3時間浸漬した。
    「やわらか職人」溶液は肉の重量に対して50%使用した。
  • 浸漬後、水切りをした。
  • コンベクションオーブンで250℃5分間加熱した。

歩留まりの測定方法:
「やわらか職人」処理前、処理後(水きり後)、加熱後の重量を測定し重量の変化を計算した。

使用方法はとっても簡単!

「やわらか職人」を溶かした液に肉を漬けるだけで、厳密な時間調整は必要ありません。長時間浸漬しても、酵素による形崩れ等が起こりにくく、ジューシーに仕上がります。

撮影方法:

「やわらか職人」で処理した肉と無処理の肉を並べて、同じ条件下で撮影した。


対象食材

  • 鶏肉料理
  • 豚肉料理
  • 牛肉料理
  • 魚介類の料理
  • その他のお肉料理

調理法

焼く、煮る、揚げる、蒸す等


使い方

やわらか職人の2~4%水溶液を作ります。

肉重量に対し30~50%量で浸漬または、タンブリング処理してご使用ください。

ザルなどを使い水を切ってください。

その後通常の手順で味付けをして、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの加熱調理してください。

*「浸け込み」「タンブリング」などの処理をしたお肉、魚介類は中心部まで十分に加熱してください。


やわらか職人
形状 粉末
原材料 プロテアーゼ 0.05% / 炭酸ナトリウム 23.91% / 重炭酸ナトリウム 15.64% / クエン酸ナトリウム 8.97% / クエン酸 8.97% / 食品素材 42.46%
賞味期限 製造日より未開封1年(冷暗所)
荷姿 10kg(1kg×10/ダンボール)
食品に使用した場合の表示例 活性が残存する場合:pH調整剤、酵素
活性が残存しない場合:pH調整剤
使用上の注意 加工食品原料にのみご使用ください。
開封後は密封し、お早めにご使用ください。
衛生上、一度使用した水溶液は再使用しないでください。

製品カタログ