BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

17

2020-09

酒粕の乳酸菌発酵

出来事

こんにちは。

KT-11研究員です。

昔、先輩からよく言われました。

アイデアを出したり提案をすることは建設的で前向きに会社を変えることができるが、否定することはだれでもできることだし、何も変わらない。部下のアイデアを否定するばかりでなく、しっかりとフォローして、実現できるように導くことができる上司になりなさいと。

否定してばかりいる人は、意外と自分ではきづかないことがあります。

みなさんは、否定することで仕事をしたような自己満足に陥ってませんか?最近、どれだけの提案をできましたか?

さて、乳酸菌はヨーグルトだけでなく、様々な発酵を生み出します。

新潟銘醸(新潟県小千谷市)は、乳酸菌発酵させた酒かす「さかすけ」を使用した日本酒ドリンク「MASAKA(マサカ)」を発売しました。

甘酸っぱいヨーグルトのような味わいで、ビタミンBやアミノ酸などの栄養素を多く含んでいる。



日本酒に同社の酒かすで作ったさかすけと糖類、レモン果汁などを加えて、甘酸っぱく爽やかな口当たりに仕上げたようです。アルコール度は5%。90ミリリットル入りの小容量で、同社は「栄養ドリンク気分で手にとってもらいたい」としている。

さかすけは県酒造組合や県醸造試験場などが2010年に開発した。酒造りの工程でできる酒かすを独自の乳酸菌「さかすけ菌」で発酵させ、栄養や機能性を増強している。酸味があり、酒かす独特のくせが少ないのが特徴という。


酒粕を糖化させ甘酒を調製し、乳酸菌を添加して発酵させた乳酸菌発酵甘酒はこの数年でだいぶ市場に浸透しましたね。

クリスパタス菌は、栄養要求性が高く、発酵できるものも限られています。そのために、果汁や甘酒を発酵させることは難しいかもしれません。

しかし、いつの日かクリスパタス菌で発酵したヨーグルトや豆乳がスーパーで買える日がやってくるかもしれませんね。